夫のそばで…喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね



『夫のそばで…喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね』のサンプルエロ画像

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (1)

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (2)

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (3)

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (4)

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (5)

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (6)

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (7)

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (8)

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (9)

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (10)

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (11)

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (12)

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (13)

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (14)

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (15)

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (16)

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (17)

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (18)

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (19)

喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね (20)



『夫のそばで…喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね』の無料動画


夫のそばで…喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね
出演者 :佐倉ねね
監 督 :富丈太郎
シリーズ:----
メーカー:ながえスタイル
ジャンル:ハイビジョン  独占配信  単体作品  ドラマ  辱め  寝取り・寝取られ  人妻
品 番 :nsps00686


夫のそばで…喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね】の序盤のあらすじ


夫は37歳という若さで死んだ・・・死因は癌だった。2年間の闘病の末に自宅で息を引き取った。夫は私の秘密を知らずに死んでいった。私の秘密・・・それは半年前の出来事だった・・・。私がいうのもあれだが・・・病気をする前の夫はエリート社員だった。30歳という若さで役員にまでのぼりつめた。まるで獣のような目で人を蹴落とす空気があった。同じ会社で働いていた私はその姿に惚れた。まるで会社が生き甲斐のような人だった。だから仕事をしていない彼はどこか寂しそうに感じた。夫の働いていた会社は実力主義で上司だった人間が部下になることも多々ある会社だった。夫はそこで30歳という若さで役員に着き、元々いた役員を関連会社に飛ばした。その人物が後藤という男だった。後藤は夫とは犬猿の仲で夫の変わりに役員に戻ったらしい。ある日、突然その後藤が家にやって来た。後藤は私が止めたにも関わらず、勝手に家の中に上がりこみ、夫に封筒を渡すと帰っていった。その書類は夫が長年あたためていたプロジェクトの書類だった。


数日後・・・また後藤が家にやって来て、夫の夢だったプロジェクトが動き出しそうだと告げる。そして夫にも参加して欲しいという。もちろん夫は会社には行けないが在宅のまま・・・会議にはテレビ電話を使えばいいと言う後藤・・・。夫は乗り気で・・・夢が叶うと嬉しそうだった。
佐倉ねね「本当にありがとうございます。あの人のあんな目、久しぶりに見ました」
後藤「そう・・・」
佐倉ねね「やっぱり、仕事の人だったんですね。後藤さんには本当に感謝しています」
後藤「話に水をさすようで悪いが・・・本部長はこの話に乗り気じゃない・・・」
佐倉ねね「えっ・・・」
後藤「大島にやらせるより若いやつにやらせたほうが勉強にもなる。そっちのほうが断然いい。私もそう思う」
佐倉ねね「じゃあ・・・なぜ・・・」
後藤「大島をこのプロジェクトに参加させるには条件がある・・・その条件を飲めば本部長を説得してやるよ」
佐倉ねね「・・・じょう・・・けん・・・」
後藤「あんたを抱きたい」
佐倉ねね「・・・なに言ってるんですか・・・?」
後藤「大島から島流しにあって・・・許せると思うか?私のキャリアは大島によって傷つけられた・・・だからあんたを抱きたい・・・」
佐倉ねね「最低な考えですね」
後藤「・・・で?・・・どうする?」
佐倉ねね「抱かれるわけないでしょ!」
後藤「じゃあ、この話はなしだ・・・大島、あんなにやる気だしてたのに・・・残念だな」
立ち上がりドアに向かう後藤・・・
後藤「本当に帰るぞ」
佐倉ねね「なぜ、そこまでするんですか?」
後藤「敵は完膚なきまでに叩き潰す・・・大島がそうだったようにな・・・それにあんたみたいないい女を抱きたい」
佐倉ねね「本当に・・・最低・・・」
後藤「いいんだな・・・大島を悲しませても・・・もう1回チャンスをやる、10数える・・・それまでに考えるんだな・・・1,2,3・・・8,9,10・・・残念だ」
帰ろうとする後藤が・・・
後藤「あっ・・・気が変わったら連絡でもしてください」
後藤はそう言うと名刺を置いて帰っていった・・・。そんなことを知る由もない夫はベッドの中で真剣にプロジェクトの書類に目を通している・・・。しかし・・・その日の夜・・・突然、後藤から断りの電話が掛かってきた。
佐倉ねね「仕事・・・やりたかった・・・?」
夫「ああ、このプロジェクトは入社したときからの夢だったからな・・・まぁこんな状態の俺に仕事なんて紹介するほうがどうかしてるよ・・・」
夫のものすごい落ち込みようを見た私は・・・後藤に電話をしてしまい・・・。




夫のそばで…喘ぎ声強制ファック あなたごめんね 佐倉ねね


この商品を買った人はこんな商品も買っています