新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた… 尾上若葉



『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた… 尾上若葉』のサンプルエロ画像

他人のものになっていた… 尾上若葉 (1)

他人のものになっていた… 尾上若葉 (2)

他人のものになっていた… 尾上若葉 (3)

他人のものになっていた… 尾上若葉 (4)

他人のものになっていた… 尾上若葉 (5)

他人のものになっていた… 尾上若葉 (6)

他人のものになっていた… 尾上若葉 (7)

他人のものになっていた… 尾上若葉 (8)

他人のものになっていた… 尾上若葉 (9)

他人のものになっていた… 尾上若葉 (10)

他人のものになっていた… 尾上若葉 (11)

他人のものになっていた… 尾上若葉 (12)

他人のものになっていた… 尾上若葉 (13)

他人のものになっていた… 尾上若葉 (14)

他人のものになっていた… 尾上若葉 (15)

他人のものになっていた… 尾上若葉 (16)

他人のものになっていた… 尾上若葉 (17)

他人のものになっていた… 尾上若葉 (18)

他人のものになっていた… 尾上若葉 (19)

他人のものになっていた… 尾上若葉 (20)



『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた… 尾上若葉』の無料動画


新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた… 尾上若葉
出演者 :尾上若葉
監 督 :ながえ
シリーズ:----
メーカー:ながえスタイル
ジャンル:ハイビジョン  独占配信  単体作品  ドラマ  巨乳  中出し  寝取り・寝取られ  人妻
品 番 :nsps00685


新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた… 尾上若葉】の序盤のあらすじ


私は会社の事業拡大に勤しんでいた。帰りは遅く・・・出て行くのも早い・・・。そんな忙しい私に妻(尾上若葉)は文句の一つも言わず・・・ずっと見守ってくれていたのです。そのおかげで業績も順調に伸びていき・・・少しばかり妻(尾上若葉)のために時間を作ろうと思っていました。もちろん妻(尾上若葉)が一番欲しがっていた子供も・・・。最高の妻(尾上若葉)です。私のことを一番に考えてくれる素晴らしい妻(尾上若葉)です。・・・でも・・・その愛が・・・私への愛が・・・間違ったことに使われてしまうなんて・・・。


ある日の朝・・・私は取り返しのつかない事をしてしまったのです・・・。私は妻(尾上若葉)とハワイまであと5日だぞとか話しながら、いつも通りに車で家を出ました。その出社の途中で人を轢いてしまったのです・・・。私が轢いた彼女は亡くなってしまい・・・私は刑務所に入ることに・・・。妻(尾上若葉)は月に1度、被害者の元に手を合わせに行ってくれたそうです・・・残された旦那さんに辛い言葉を浴びせられ・・・どうすれば私の変わりに償う事ができるのか・・・苦しんでいたのです・・・。


そんなある日、妻(尾上若葉)は私の会社の者に家に来てもらい、私の給料をすべて被害者のご家族に送ってほしいというのです。会社の者も冗談でしょう?・・・と驚きましたが、妻(尾上若葉)は・・・生活費は自分で働いてなんとかするから・・・と・・・。当然、私は理解するはずもなく・・・妻(尾上若葉)は勝手な判断で償おうとしたのです・・・。そして・・・妻(尾上若葉)は働きに出たのです・・・。


それからしばらくして、妻(尾上若葉)が被害者宅に手を合わせに行った日のこと・・・。
被害者の夫「勝手に大金が振り込まれてくるんですけど・・・どういうことですか?」
妻(尾上若葉)「はい、主人の給料を全額振り込ませていただきました」
被害者の夫「それでお宅は大丈夫なの?」
妻(尾上若葉)「働くことにしました」
被害者の夫「・・・」
妻(尾上若葉)「主人が出てくるまで私は主人のお金を一切もらいません・・・こうすることで旦那様の痛みが少しでも和らげばと思いまして・・・」
被害者の夫「バカな金持ちの発想だな・・・金さえ払えばなんとかなる・・・そういうことですか・・・?」
妻(尾上若葉)「そんなつもりはございません・・・」
被害者の夫「死んだ者が金で生き返るのか!金払えば女房が帰ってきて私の寂しさはなくなる・・・そうですか?」
妻(尾上若葉)「そんなことはありません・・・申し訳ございません」
被害者の夫「あんただってそうでしょ?・・・たとえ人殺しの旦那でもいなければ寂しいでしょう?」
妻(尾上若葉)「・・・」
被害者の夫「聞いてるんだよ!」
妻(尾上若葉)「・・・はい、その通りです・・・」
被害者の夫「あんたはいいよね、刑期が終われば帰ってくるんだ・・・楽しい生活ができるもんね・・・」
妻(尾上若葉)「・・・申し訳ありません・・・」
被害者の夫「本当に罪滅ぼしを考えてるの?」
妻(尾上若葉)「私に出来ることは何か・・・いつも考えておりまして・・・でも・・・ご遺族様のお気持ちを全く理解していませんでした・・・申し訳ありません・・・」
被害者の夫「理解したいなら教えてやる・・・」
被害者の夫はそう言うとコップに日本酒を注いで妻(尾上若葉)に飲めという・・・。
妻(尾上若葉)「・・・どういうことでしょうか?」
被害者の夫「寂しいんだよ・・・あんた変わりになってくれるの?」
妻(尾上若葉)「・・・すみません・・・私、お酒弱いんです・・・」
被害者の夫「分かってるよ、あんたが何を言いたいのか・・・だからどんなに金を積まれても許せないね・・・帰ってくれ・・・早く出て行ってくれ!」
すると妻(尾上若葉)は目の前の日本酒を一気に飲み干す・・・被害者の夫がまたコップに日本酒を注ぐ・・・また妻(尾上若葉)が一気に飲み干す・・・また注ぐ・・・飲み干す・・・何度も繰り返し・・・妻(尾上若葉)が倒れてしまう・・・。すると被害者の夫が妻(尾上若葉)のカラダに日本酒をかけ始め・・・そして・・・倒れた妻(尾上若葉)に・・・。




新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた… 尾上若葉


この商品を買った人はこんな商品も買っています